埋没毛自己処理方法

みんながどうしてる?埋没毛処理方法

女性の脱毛イメージ

ムダ毛処理を自分で行っていると埋没毛が発生するときもあります。これは皮膚の中にムダ毛がある状態でムダ毛はうっすらと見えています。肌トラブルの原因になる可能性もあるので、早急に埋没毛を処理しましょう。ケアする方法はいくつかありますが間違った方法を使うと問題が起こります。
ここでは効果的な毛のケア方法を紹介します。

克服!肌のブツブツの正体埋没毛の治し方

埋没毛が発生して黒いぶつぶつが出てしまうときがあります。これは皮膚の中でムダ毛が成長している状態で、特にデリケートゾーンに発生しやすいでしょう。埋没毛を効果的に処理するときには角質除去が最も効果的な手段です。人間の肌は時間とともに生まれ変わる性質を持っています。そのまま埋没法を放置してしまうと表面の角質がそのうち剥がれて解消されますが、炎症などが起きて色素沈着が起こります。
無理に自己ケアをするのではなく角質除去をするのが良いです。これは自分で行うこともでき、スクラブを使ってします。スクラブは種子や樹脂などの細かい粒が入っている洗顔料を使います。
スクラブで肌をこすることにより毛の伸びを邪魔している古い角質をしっかり取り除けるのがメリットです。こうすることでムダ毛が排出されやすくなるでしょう。ちなみにスクラブはドラッグストアなどで気軽に購入できます。値段もかなり安いのが特徴なので金銭的リスクも少なめです。
肌が弱い人だと粒子が大きいものだと肌トラブルが起こってしまいやすいといえます。そこで米ぬかやこんにゃくなどの粒子が細かいスクラブを使うのがおすすめです。粒子が細かいと敏感肌でもトラブルが起こりにくいので安心でしょう。スクラブを使うときにはお風呂で肌を柔らかくして行うと良いです。

みんなは埋没毛どうしてる!?成功例と失敗例を探してみた

座っている女性

埋没毛を処理するときには他の方の失敗と成功例を見ておくと安心です。まず失敗例を見て見るとピンセットで処理をした方はぶつぶつができてしまっています。毛抜の代償はかなり大きく、抜けばピカピカになりますが、それは一瞬だけです。気づくとザラザラになったり、その部分が腫れてしまいます。これは処理をしてから数ヶ月後に発生する可能性があるのですぐに辞めましょう。
一旦できてしまうと中々修正できないのが埋没毛の難点です。成功事例を見てみると脱毛機器を使っている方がいます。皮膚科などに行くとレーザー脱毛をすることができます。このレーザー脱毛を使用すれば効果的に毛をケアできるのでおすすめです。実際に利用した方はきれいに取り除けています。
メリットもあってレーザーにより色素沈着した角質をケアできます。これによりきれいな肌に戻せるといったメリットもあるので、一石二鳥でしょう。レーザー脱毛のメリットは今あるムダ毛を処理できる以外に、今後のムダ毛の成長対策もできる部分にあります。レーザーを照射すると毛母細胞を破壊することが可能です。これにより埋没毛をケアしつつムダ毛の完全除去が可能です。
今後埋没毛が発生する可能性もないので費用対効果は非常に高いことが伺えます。最も効果的な成功例なので利用してみましょう。

失敗しがちな埋没毛の自己処理の方法

ムダ毛処理
夏になると肌を露出する機会が増えます。埋没毛があるとぶつぶつが見えてしまうので早急に対策をしないといけません。ただ自分で埋没毛を処理するのはやめておきましょう。デメリットが非常に多く肌トラブルを招いてしまう危険性があるからです。
例えばカミソリを使用して深剃りを行ったときにはそのときだけ見た目がきれいになりますが、実は毛穴へのダメージが蓄積されます。これにより剃った毛先が尖ってしまい、埋没毛になる危険性がぐっと上がってしまうからです。非常に高い確率でムダ毛が肌に埋まってしまうので注意しておきましょう。
その他にピンセットを使ってケアをする人もいますが、これも肌トラブルに繋がります。引っこ抜くのは毛穴を傷つける最も危険な手段です。切開してムダ毛を取り出そうという人もいます。こちらも危険な方法なのであまりおすすめできません。切ったところから雑菌が入ってしまうと炎症が起こってしまうので危険です。また化膿してしまう可能性もあります。
傷跡が残ってしまうと見た目が悪くなってしまうので女性にとってはデメリットを作ってしまう行為です。埋没が改善されても別の肌トラブルが起こってしまっては意味がありません。個人で行うときにはスクラブを使って安全に根気よくケアをするのが適切な対処法でしょう。

まとめ

基本的に自分でケアをするとあらゆる肌トラブルを招いてしまう恐れがあるので注意しておきましょう。これは自分で処理をするよりも専門家にケアを任せるのがおすすめです。脱毛クリニックなどに行きレーザーを使用することにより安全にケアをすることができます。お金はかかりますが、費用対効果は高いので余裕があるのなら適した処理法です。