埋没毛自己処理方法

【知らなかった!】埋没毛の原因とは

女性 脇

ふと肌を見たときに、毛でもないホクロでもない、何か黒い変なものを見つけたことはありませんか?ムダ毛を自己処理している人なら一度は見たことがあるはずです。何を隠そう、その正体は「埋没毛」です。ここでは、なぜ毛がそんな状態になってしまうのか、原因を解明していきたいと思います。原因だけでなく、対策や発生しやすい部位についても解説していきます。

克服!肌のブツブツの正体埋没毛の治し方

自己処理でよく使われるのが毛抜きとカミソリですが、これらに共通することは「肌を傷つける」ということです。まず毛抜きですが、1本ずつムダ毛を抜いていると、中には毛根からすっきり抜くことができず、途中で切れてしまっている毛もあります。毛抜きでつまんで途中で切れた毛の先端は尖っていることが多いため、毛穴からまっすぐ伸びない場合は横向きになり、皮膚を突き破って伸びていくことになります。
そしてカミソリですが、刃物を肌に当てているわけですから、まったくの無傷というわけにはいきません。目では確認できないとても小さな傷ができています。傷ができるとそれを治そうとするため、皮膚の再生が起こり、傷を覆う形となります。傷ついた毛穴を覆うということは、毛が伸びるときの出口を失ってしまうということです。出口を失った毛は皮膚の内部で成長するしかなくなり、横向きに伸びたりトグロを巻いて伸びていくこともあり、見た目が汚くなってしまいます。
毛抜きやカミソリのように、ムダ毛を確認しながら行う処理であってもそうなるのですから、広い範囲を一気に処理するワックスや脱毛器では、埋没毛がたくさん発生してしまうこともあります。
この埋没毛を治すには、放置しておくのが一番いいといわれています。中には早く何とかしたくて毛抜きでほじくるという人もいるでしょう。しかし、これは絶対にやめてください。より皮膚を傷つけ、さらに埋没毛を作ることになるからです。どうしてもという場合はピーリング剤を使ったり、皮膚科に相談すると良いでしょう。

埋没毛の原因は「ムダ毛の自己処理」が多い

カミソリ

原因がわかったところで、一体どうすればいいのかわからない人もいることでしょう。ムダ毛を自分で処理している場合、埋没毛を予防することは難しい為、対策することもほとんどないと思っておいた方がよさそうです。
一番いい方法としては、「正しいムダ毛処理を行う」ということに尽きると思います。毛抜きやカミソリで自己処理をするとお金や手間もいりません。しかし、肌をきれいに見せるために行うムダ毛処理によって、見た目の良くない肌を作ってしまうのは本末転倒ではないでしょうか。やはり、ムダ毛の処理はプロに任せることをおすすめします。プロであれば、間違った処理をすることはありませんので、施術を繰り返せば確実につるつるでムダ毛のない肌に仕上がります。
脱毛サロンでの光脱毛はプロによる丁寧な施術が受けられます。医療クリニックでの永久脱毛は医療資格を持つスタッフによる安心の施術が受けられます。費用や回数、効果など自分に合ったものを選べるので、無理なく通うこともできるでしょう。
もし、スタッフの人にムダ毛を見られるのが恥ずかしいという場合は、自己処理の中でも一番埋没毛を作りにくいといわれている電気シェーバーの使用をおすすめします。他の方法よりも肌に優しいため、肌や毛穴を傷つけることもほとんどありません。

特にこの部位は埋没毛になりやすい!

女性 脇
埋没毛が発生しやすい場所にはある特徴があります。それは、「ムダ毛が同じ方向に生えておらず、あちこちを向いて生えている」部位ということです。具体的にはワキや脚(太もも、ヒザ、スネ、ふくらはぎ)、ビキニライン、そして二の腕やまゆ毛です。ワキやスネに発生したという経験をした人は多いと思いますが、実は最も発生しやすいのは「まゆ毛」です。その理由は、まゆ毛は毛抜きで抜いて処理したり、カミソリを使って剃ることが多いためです。特にカミソリで剃ると深剃りになることもあり、それが大きな原因となることがあります。
また、下着で蒸れる場所や洋服が擦れる場所にも注意が必要です。肌が敏感な人は特に、摩擦や刺激で赤いポツポツができることがありますが、痒さのあまり肌に傷がつくまでかいてしまうことがあります。肌をかきむしると肌が傷つき、毛穴をふさいでしまうことがあるので注意したいところです。
毛質の中には埋没毛になりやすいものがあります。それは、太くて強い毛です。太くて強い毛は比較的面積のある部位に生えていますので、処理する場合は広い範囲を一気に処理できるワックスや脱毛器、カミソリがよく使われます。これらはやり方を間違えると毛穴に傷をつけてしまうことがあります。おまけに太くて強い毛は横向きに伸びた場合、皮膚を突き破る力も強く、埋没毛が発生しやすくなります。さらに、一度発生した場所にできやすいといわれているので気をつけましょう。

まとめ

埋没毛の原因や対策、できやすい部位について説明しました。厳しい言い方になりますが、間違った自己処理をこれからも続けていくのであれば、埋没毛をなくすのはあきらめた方がいいかもしれません。自分では完璧に正しいムダ毛処理を行うのは難しいため、美しい素肌のためにもできるだけプロの力を借りることをおすすめします。