埋没毛予防方法

【恐怖!】こわ~い埋没毛

腕 脱毛

無駄毛の処理は今やエチケットであり、無駄毛の無い美しい肌は常識ともいえる時代になりました。でも手軽にできる自己処理によって埋没毛になってしまうのがどんなにこわい事か正しく理解しておかないと、綺麗にするはずの行為によって肌にこわいダメージを与えてしまう事になりかねません。埋もれ毛はどうやってできて、予防するにはどんなことに気を付けなければならないか、埋没毛に関する様々な情報をお届けします。

克服!肌のブツブツの正体埋没毛の治し方

皮膚の表面に出てくることなく、皮膚の下に留まっている無駄毛が埋没毛や埋もれ毛と呼ばれるものです。ワキや腕、脚など、毛根のある部分なら体のどこの部位でもできてしまう可能性があります。毛先が皮膚表面に出ない状態のまま長く成長する場合もあり、皮膚の表面から見ると黒くぶつぶつした状態の点がたくさん見えてくるのが外見的な特徴です。手触りもざらざらとした感触になり、全体に黒ずんで見えて非常に厄介な存在です。無駄毛の自己処理などによって皮膚がダメージを受けて角質層がどんどん肥厚して毛穴をふさぎ、毛が皮膚の表面に出て来れなくなるのがそのメカニズムです。できてしまった埋もれ毛は無理やり毛抜きなどで取り出そうとするのは大変危険で、肌に更なるダメージを与える事に繋がります。予防のためには無駄毛の処理後に肌を保湿することが大切です。厚くなった皮膚に潤いを与えつつ少しずつピーリングなどによって分厚くなった皮膚を取り除くことで、肌のターンオーバーを促すのです。ピーリングをした後の肌は特に乾燥が進んでしまい易くデリケートな状態になるため、いつも以上に保湿をしっかりと行う事がポイントです。ただし、自己流のピーリングは場合によってはさらに症状を悪化させることも考えられるので、できてしまった埋もれ毛は医療レーザー脱毛によって処理するのがもっとも安全で確実な方法です。

埋没毛…恐ろしい子…!アイツは何度もやってくる

顔を隠す女性

埋没毛はそのほとんどの原因が自己流の処理方法による肌へのダメージだと言われています。例えば短時間で早く処理したいがために丁寧なシェービングとは程遠いやり方で、いきなり逆剃りするなどの乱暴な処理方法や、一度の処理で何度も同じ場所を剃る事を繰り返せば肌へのダメージはかなり大きくなります。また、同じカミソリやシェーバーなどを1か月以上も使い続けていたり、自己処理の間隔が極端に短いケースなども、やはり肌をかなり傷める事に繋がり、結果的に無駄毛自体は取り除けたとしても埋もれ毛が出来たり色素沈着を起こして肌が汚くなってしまいます。埋もれ毛を自己努力によってある程度解消することが出来ても、再び間違った処理方法をすれば、結果的には古い角質が貯まって皮膚が分厚くなり、本来皮膚の外に出るはずの毛先が皮膚の下に埋もれた状態になる事を招きます。つまり、自己流の処理を繰り返すほどに肌へのダメージはだんだんと蓄積して、その結果何度も埋もれ毛は起こりやすくなるというものです。特に無駄毛が気になりやすい脇やVライン、脚や腕などは人目にも付きやすいので、気になった時にすぐに処理をしたくなってしまうものです。頻繁に自己流の処理を繰り返した結果、これらの部位は身体の他の部位に比べて埋没毛ができやすくなってしまうのです。

埋没毛とさようならするにはどうすればいいか

ベッドの上であぐらをかく女性

埋没毛を解消するためには、まずは自己処理の回数をなるべく減らすことがポイントです。そのためには自己処理の間隔を、最低でも3日以上開けるようにすることが大切です。間隔を少しでも開ける事によって肌が傷つく頻度も少なくなって埋没毛の予防にもなるので、肌の黒ずみやポツポツざらざらとした状態を減らすことに繋がります。そうは言っても自己処理をしないとすぐに無駄毛が生えてくるのが気になるのは誰もが感じる事です。そんな人には脱毛サロンや美容クリニックなどの医療機関で脱毛処理を受けるのがおすすめです。脱毛の施術を受けても、すぐに無駄毛が全く生えてこなくなるわけではありませんが、施術の回数を重ねるほどに確実に毛が薄くなってゆくので、自己処理をしなければならない回数は格段に減らすことができます。また、脱毛は埋もれ毛のように皮膚の下に生えている毛も薄くする効果があるので、できてしまった埋没毛自体を解消することにもつながります。脱毛と適度な自己処理を併用することで無駄毛の無い状態に整える事が出来ますが、大切なのは正しい自己処理の方法を理解することです。肌への負担を極力減らすことと、やむを得ずカミソリなどを使用する場合にも肌あたりをソフトにする工夫をすることと、処理後にしっかりと保湿することが大切です。

まとめ

無駄毛の無い美しい肌は多くの人にとって憧れです。いくら身だしなみに気を使っていても、脇や腕、脚などに無駄毛が生えていたり埋没毛が目立つ汚い肌では幻滅してしまいます。お肌の手入れをするように無駄毛の処理もごく自然に肌に負担無く行う事が大切です。プロの手による脱毛を受けることで、肌に負担をかけずに無駄毛の無い美しい肌に近づきます。自己処理の方法も正しいやり方をマスターして、埋没毛の無い美肌を目指しましょう。