埋没毛予防方法

【必見】埋没毛になりやすい箇所

美脚

無駄毛の処理は身だしなみの一つで、肌を露出する季節には特に気を抜けないお手入れの一つです。でも、間違ったやり方で無駄毛の自己処理を繰り返すと埋没毛を起こしやすくなります。見た目の問題ばかりでなく様々なトラブルを引き起こす埋没毛のできる原因や、できやすい箇所、作らないための対策などに関する情報をお届けします。

克服!肌のブツブツの正体埋没毛の治し方

間違った自己流の無駄毛処理によって、皮膚の中で毛が成長して黒いぶつぶつのような状態になってしまうのが埋没毛の正体です。埋もれ毛とも呼ばれる症状で、本来は毛穴から皮膚の表面に出て来るはずの毛が、皮膚の上に出て来ることができないまま皮膚下で成長することにより、皮膚の表面がぶつぶつと盛り上がって黒く見えるのが特徴です。埋没毛が出来てしまう原因は誤った無駄毛の自己処理で、その状態を放置すると、やがてはニキビのように毛嚢炎を起こしたり色素沈着によって肌が黒ずんでくることに繋がります。通常毛は皮膚表面の毛穴から生えて来るのですが、剃刀などを頻繁に使って処理していると、肌や毛穴が傷ついてやがてかさぶたになる事を繰り返し、処理した箇所がどんどん皮膚が厚くなってゆきます。その結果、毛穴がふさがって本来は皮膚の外に生えてくる毛が外に出られずに皮膚の下で成長してしまうものです。この状態を治すためには厚くなった角質を除去する必要があります。ただし角質除去も自己流で行うと、さらなる肌へのダメージにつながる可能性もあるため、確実に治すためにはサロンやクリニックで脱毛してもらうのが確実で安心できる治し方です。そして、脱毛処理中でもある程度は自己処理作業は必要ですが、その際に正しいやり方を覚えて肌に負担をかけないように行う事がポイントです。

埋没毛になりやすい箇所は「自己処理の頻度が高い部位」

剃刀

埋もれ毛になりやすいのは、脇やデリケートゾーン、脚、腕などのように毛が太くて皮膚の柔らかい箇所です。また、脇や脚、腕などの常に人目にさらされることになりやすい箇所は、少しでも無駄毛があるととても目立つし気になるものなので、気が付いた時にすぐにかみそりなどで自分で処理してしまいがちです。もちろん脱毛を受けていてもある程度の頻度で自分で処理することは必要なのですが、その際に間違ったやり方で肌に負担をかける事が埋没毛を作ってしまう原因になります。次回の脱毛までの間に生えてきた無駄毛を短時間で処理しようとしてカミソリでいきなり逆剃りしてみたり、同じカミソリを長期にわたって使い続ける事も肌に負担をかけます。さらにやり方も問題で、同じ部分を何度も繰り返して剃ったり、自己処理する間隔が短い場合も肌を傷つけやすくなるので埋没毛の原因になります。また、夏に大胆な水着姿になろうとしてVゾーンの無駄毛を急きょ処理する時にも、やり方を間違えると肌に大きなダメージを与えてしまいます。基本的にはサロンやクリニックで脱毛してもらう事がおすすめですが、どうしても自己処理を併用しなければならない場合には、あくまでも肌へのダメージを最小限に抑えるようなやり方をすることと、自己処理した後の皮膚にしっかりと保湿するケアを心がける事が大切になります。

できてしまった埋没毛は脱毛できる?

女性の脇
人の肌というのは一定の期間で新しく生まれ変わるので、埋没毛が出来てしまっても表面を覆っている角質層が新陳代謝で自然にはがれてゆけばやがては解消されます。けれども埋没毛による炎症で毛嚢炎を引き起こしているような場合は、何の対策もせずに放置すれば色素沈着を起こすこともあります。また、埋没毛がすでにできてしまっている所に無理にかみそりなどで自己処理をすると、より強い皮膚ダメージに繋がりやすく同じ部分に埋没毛が繰り返しできてしまう事が考えられます。まずは埋もれ毛を見つけて気になるからと言って、毛抜きなどを使って強引にほじりだすようなことは絶対にすべきではありません。自宅でのケアとしてはピーリング剤などを使用して厚くなった角質を取り除くことが効果的なのですが、これも強い力で行うなど間違ったやり方をすれば肌を余計に傷つけて埋もれ毛を悪化させかねません。クリニックなどで受けられるレーザー脱毛は埋もれ毛の治療にも効果的です。皮膚を傷つけることなく深部の毛根にも働きかけて処理ができるので、安全で確実に埋もれ毛を治療することができます。クリニックならば毛嚢炎などの炎症部分も同時に治療してもらえるので、安全に確実にきれいな肌を取り戻すことに繋がります。完全に症状が改善して無駄毛の無いきれいな状態になるまでは一定期間ごとに施術を受ける必要があり、施術が終了するまでには1年から1年半程度の期間が必要になるのが一般的です。

まとめ

気になる無駄毛が生えたままの肌は、特に薄着の季節には見苦しいものです。でも間違った自己処理方法で無駄毛を解消しようとすれば、肌を傷つけて埋もれ毛になりやすくなります。サロンやクリニックでプロの技術によって安全に確実に脱毛をしてもらいつつ自己処理を併用する際には、より肌を傷つけないような正しいやり方をすることが大切です。