埋没毛予防方法

【体験談】埋没毛の恥ずかしい体験談

顔を隠す女性

脇毛が伸びてくる度に、ワックスを使って引き抜いて処理している人は少なくありませんが、やり方が間違っていると血がにじんでしまうことがあります。そういったことを繰り返している内に少しずつ、お肌の表面がブツブツしてくることがあるのです。鏡を使って良く見てみると脇毛が、お肌の中で埋もれている状態になっているのが分かります。これが埋没毛と呼ばれる現象です。

克服!肌のブツブツの正体埋没毛の治し方

埋没毛を治す最もおすすめな方法はクリームを塗って保湿して自然に埋没していたムダ毛を出すという方法です。最も手軽で安全に、埋没したムダ毛を治すことが出来ます。中でも毛穴が開いているお風呂上りにクリームを塗って保湿すると、お肌が柔らかくなり毛穴が開いている状態を維持することが可能です。手の平で塗ることにより起こる摩擦によって、埋没したムダ毛が出てくることがあります。
普段から利用している化粧水やクリームで差し支えないので、保湿を毎日欠かさず行うことが重要です。埋没毛対策に特化しているクリームや尿素クリームを利用すると、より一層効果を高めることが期待出来ます。
自宅で可能な埋没毛を治す方法として非常に効果的なのが、古くなった角質をスクラブで剥がすことです。古くなった角質層を小さな粒子が削ってくれるので、自然と埋没毛が出てきてくれます。完全にお肌の下に埋もれている状態のものがたくさんあるという悩みを抱えている場合は、特にスクラブがおすすめです。スクラブは1週間あたりにおよそ1回から2回ぐらいの頻度で、入浴中に行うのが適しています。
お肌が綺麗になることで有名なピーリングも埋もれている毛を治す方法としてはとても有効です。スクラブとピーリングは同じではないかと感じている人は少なくありませんが、ピーリング剤は比較的毛穴の汚れを落とすことに特化している傾向にあります。

埋没毛の体験談を徹底調査!どんな恥ずかしいがある?

恥ずかしい

埋没毛が出来てしまったのが脇の下だけだった場合はノースリーブ以外の洋服を着ていれば隠すことが出来るので、それほど恥ずかしい思いをしなくても済みます。しかし腕や脚に生えている産毛状のムダ毛が目立つことに悩みをかかえていて、ムダ毛の自己処理についての知識がなく間違った方法で処理してしまった人の体験談は非常に深刻なものです。
腕や脚に生えている産毛状のムダ毛をワックスで処理している内に、お肌がブツブツしてきて色々なところに埋没毛が出来ていて恥ずかしい思いをしているという人は少なくありません。お肌が汚くて恥ずかしいので夏の暑い時期でも半袖のシャツやパンツを着ることが出来ないという体験談がたくさんあります。
埋没毛が出来ている部分に針を刺してムダ毛を無理やり引き出したという体験談もありますが、その後に皮膚が炎症して大変な思いをしたということだったので絶対止めた方が良いです。そこまで、お肌の状態が酷くなると皮膚科のお医者さんの診察を受ける必要がありますが、そのときにお医者さんにお肌を見せたり今の状態に至るまでの経緯を話したりしなければならないという恥ずかしさも感じることになります。
脇の下にしか埋没毛が出来ていない場合は、本人に自覚がない場合が少なくありません。パートナーに指摘され恥ずかしい思いをしたという体験談もあるようなので注意が必要です。

体験談に共感した人がやるべき最初の「埋没毛」対策

表現する女性
埋没毛の根本的な対策をするためには、大きな原因となっているムダ毛の自己処理を行う回数を少なくすることです。お肌を傷めるようなことも少なくなり、ムダ毛が埋もれることを予防出来るだけではなく、ブツブツや黒ずみのない綺麗なお肌の状態をキープすることが出来ます。とは言っても、全くムダ毛を自己処理しない訳にはいかない状況の人がほとんどです。
そのような人に適している方法が、美容外科クリニックや脱毛サロンで脱毛の施術を受けるという方法になります。施術を繰り返すたびにムダ毛が目立たなくなり自己処理をする頻度も少なくなるため、根本的に埋もれているムダ毛が発生するのを防ぐことが可能です。その上、脱毛マシンの特殊な光はお肌の奥に埋もれているムダ毛に対しても反応してダメージを与えることが可能なため、そのまま目立たなくなっていく効果を得ることも期待出来ます。
ムダ毛の自己処理は正しい方法を教わる機会がないため、自己流になってしまいがちです。ムダ毛の自己処理を正しく行うとムダ毛がお肌に埋もれにくくなるため見直してみるのも対策方法になります。ちなみにムダ毛の自己処理方法で最も適しているのが電気シェーバーを使う方法です。カミソリで剃るのとあまり違いがないように感じますが、電気シェーバーはお肌に刃が直接触れないように設計されています。軽くお肌の上で滑らせるだけで処理出来るため、自己処理の道具としてはお肌にかかる負担が抑えられている優れものです。

まとめ

埋没毛が出来てしまうと色々と恥ずかしい体験談を作ってしまう原因になる厄介なものです。しかしお風呂上りに毎日欠かさず保湿ケアを行ったり、スクラブやピーリングを利用したりすることで治すことも出来ます。脱毛の施術を受けたり、ムダ毛の自己処理をお肌に負担がかからない方法に見直したりすることで対策することも可能です。