安心・安全について

安全基準で、国際規格もクリア

「8年熟成恒順香醋」は品質に関する国際規格であるISO9001(※)も取得した工場で生産されていますので、安心してお召し上がりいただけます。

ISO取得

1999年  ISO9002取得
2002年  ISO9001取得

※ISO9001とは 「ISO9001」とは、企業がしっかりした品質システムを持っているかチェックするための規格です。企業がいい製品をただ作るだけではなく、品質システム自体をオープンにし、顧客の立場から確認できる形になっていることを証明するものです。日本をはじめ世界の100カ国以上が参加している国際機関である、International Organization for Standardization(国際標準化機構)が制定し、発行しています。 (ISO9002は、ISO9001に統合されました。)
「8年熟成恒順香醋」はこの他にも、さまざまな認定を受けています。

「8年熟成恒順香醋」の品質認定書・・・鎮江市醋業協会・・・

品質認定書

(和訳)
日本恒順株式会社(日本)

江蘇恒順醋業株式会社は清朝1840年に創業され、醋・醤油・漬物・お酒等200品目を超える調味料を製造販売しております。企業規模・生産能力・市場シェアの全てにおいて中国国内で最大企業であります。
鎮江香醋の起源は江蘇恒順醋業株式会社に由来するものであり、鎮江香醋の元祖が「恒順香醋」です。「中国著名商標」に認定され、最高級の品質を誇る「恒順香醋」は国内外に高い評価を受け、世界143カ国に輸出されております。
「恒順香醋」は中国政府最高峰の中国人民大会堂でも使用されています。
鎮江を代表する香醋の中でも「8年熟成恒順香醋」が最高級品であることを当協会が認定いたします。

鎮江市醋業協会
2005年1月7日

中国政府における国会議事堂-人民大会堂

写真:人民大会堂日本の国会議事堂にあたる人民大会堂は、「天安門広場」の北側にある3階建ての建物です。建物正面には18本の大きな柱が並び、全国人民代表大会や党、政府の重要会議などが開かれる万人大会堂、5,000人収容の大宴会場や、各省・市・自治区などの名前が付けられた広間があり、大宴会場では国慶節前夜祭や国家元首レベルの外国貴賓客とのレセプションなどが行われています。中国政府における全てを決する要、それが人民大会堂です。

鎮江市醋業協会とは
鎮江市醋業協会とは、鎮江市の醋企業が集まってできた中国政府公認の協会です。
2004年度11月25日に成立しました。

輸入時の検査

日本輸入時に、厚生労働省に認可を受けた検査機関(財団法人食品環境検査協会)において、菌検査・農薬検査を徹底して行っておりますので、安心してお飲みいただけます。

日本の工場でカプセル化

「8年熟成恒順香醋・カプセル」は、日本国内にある、公的な品質管理基準を満たした工場で製造しています。また、専門の研究機関、大学の研究室と連携し、常に、品質と安全性を維持しています。

ページTOPに戻る